仕事

特殊な勤務体系

タクシー

ドライバーの仕事は様々あります。タクシードライバー、トラックドライバー、バスドライバーなどがあります。運転が好きな人にとっては、とても良い求人なので、求人を探してみると良いでしょう。同じドライバーの求人でも、仕事内容は変わってくるので、自分の性格やライフスタイルに合った仕事に決めるようすると良いです。タクシーは一般的な仕事とは違って、勤務体系が特殊です。求人によって違いますが、大別すると隔日勤務と夜日勤があります。タクシードライバー求人で、一番ポピュラーなのが隔日勤務です。これは、1回の勤務時間が最大21時間という長時間の労働方法です。そのため、翌日は必ず休みになります。夜日勤とは、昼間は勤務せずに夜間だけ勤務するというものです。隔日勤務の場合は、働いた次の日は必ず休みですが、夜日勤の場合は週休2日というのが一般的です。

タクシー会社の求人に応募することで、タクシードライバーとして働くことができますが、自由なスタイルで働きたいなら個人タクシーになった方が良いです。個人タクシーは個人事業主なので、好きな時に働くことができます。歩合率なども無いので、働いた分のお金はすべて自由に使うことができます。ただ、収入だけではなく、ガソリン代や維持費などの費用も全て支払う必要があります。高収入を稼ぐ可能性もあれば、利益が出ない可能性もあるので注意が必要です。タクシードライバーにも定年はあるのですが、再雇用されて定時制として働くことができる会社も多いので、安心して働くことができます。