仕事

乗客を安全に届ける

タクシー

人々の交通手段として使われている1つの方法が、タクシーです。タクシーは電車やバスと違って、好きな時間に好きな場所で利用できる利便性がありますが、タクシードライバーとして働く場合は、乗客を目的地まで安全に送り届ける必要があります。街中には多くのタクシードライバーがいますが、タクシードライバーには個人タクシーと法人タクシーの2種類います。前者は個人で営業していて、後者はタクシー会社の従業員として働いています。タクシードライバー人口のほとんどは法人タクシーです。個人タクシーとして働くこともできますし、タクシー会社の求人に応募して、従業員として働くこともできます。タクシードライバーの主な仕事内容は、乗客を乗せて目的地を聞いて、安全に運転するというものです。指定された場所まで届けたら、運賃を受け取って乗務記録をつけます。これが基本的な仕事の流れです。乗客を乗せるパターンは2つあり、街中で乗せるパターンと、タクシー乗り場で待つパターンです。効率良くお客様を乗せるために、人が多いイベント会場や終電のタクシードライバーに待機するなどをします。いきなり個人タクシーを始めるというのはハードルが高いですが、タクシー会社の従業員として経験を積めば、個人タクシーとして独立開業も行えます。

タクシードライバーの求人は様々ありますが、タクシードライバーとして働くためには、普通自動車二種免許が必要なので注意が必要です。普通自動車二種免許を取得する条件は、21歳以上で、普通自動車第一種免許を取得して3年以上経過している人です。この免許が無いと働くことはできないのですが、求人に応募する時に必ず免許が必要というわけではありません。求人応募して、採用された後にタクシー会社が資格取得を支援するケースも多いからです。シンプルに言えば、乗客を目的地まで届けるという仕事なのですが、トラブルが発生することも多いので覚悟と精神力が必要な仕事です。また、長時間運転が基本なので、体力も必要になります。運転が好きな人、土地勘がある人などがタクシードライバーに向いています。